» 2012 » 1月のブログ記事

最新記事:プライベートラベルセットVol2

今すぐ自分の商品が手に入るとしたら、どうですか?

最初に、面倒な作業などを一切なくし4つの商品を「無期限のプライベートラベル付き」で入手できるんです。

これがあれば自分で販売して莫大な金額を稼ぐことも出来てしまう。

そんなチャンスが目の前に転がっていたら、掴もうとしまうよね。

実は、満足度ナンバーワンの無期限プライベートライフと言うものがあります。

続きを読む

http://iijyouhou2.info/netjob/

インターネットでのビジネスで一番リスクが少なく、簡単に始められるのがアフィリエイトです。あなたもアフィリエイト始めてみませんか!

最新記事:Five Step Business

正直時給80万円のビジネスなんてありえないと思っています。

そんなおいしい話があるななら、普通に仕事をしている人間がバカみたいだ。

これが本音でした。

その気持ちと裏腹に「このビジネスは本当にお金を稼げるのか?」と興味が湧いていたのも確かです。

それがFive Step Businessです。

続きを読む

http://affiliate-startguide.seesaa.net/

最新記事:ウィンマックス投資馬券術

どうやっても勝てない、やっぱり競馬で儲けを出そうと思うのが無理なのかも知れない。

そう思ったことは一度や二度ではありません。

人からは、「負けると分かっていて何故ギャンブルにお金をつぎ込むのか」「これほど無駄なお金の使い道はない」とまで言われるほど、競馬をしている私をバカにしていました。

でも、そんな生活にもピリオドが来るものなのですね。

ウィンマックス投資馬券術で、負け続けた日々が終わりました。

続きを読む

http://moiwa1.sakura.ne.jp/first_website/gakushu/

最新記事:携帯ゲームサイト

携帯やパソコンではゲームサイトがすごく人気である。

CMでもモバゲーやGREEなど多くのサイトを見かける。

私もやっているのだが、いい年をした大人がこんなことを言うのも恥ずかしいのだが「おもしろい」。

最初は時間潰程度の感覚で遊んでいたものが、サイトのゲームをできる時間を探してしまう。

多くのゲームサイトの収入源は、他の企業の広告を載せた事で発生する広告料と、私達が何気なく購入しているサイト内だけで使える通貨らしきもの。

最初は無料の遊びでもいいのだが、どんどんアイテムや装備品などが欲しくなってしまう。

そのほとんどがサイト内だけのお金を使わないと揃わなかったりする。

いやいや、本当に上手い商売だと思う。

だって、全てネット上だけのアイテムや装備品など。

実際は一から商品を作り、流通させて消費者が買って利益が出るものだが、これ系は全然違う。

パソコン片手に色々な商品を編み出せて、コストはほとんどかからない。

頭ではわかっているのに、購入をしてしまう。

私も多い時で一ヶ月数千円程度使った事がある。

毎月明細を見ると、「なんでこんな余計なものを…」と後悔はするだが、結局ゲームをしてしまうとまた購入をする。

聞いた話だが、月に1万円を使う人は珍しくないらしい(汗)

多い人だと数万円をこのゲームサイトのお金に変えて遊んでいるそうだ。

便利になると色々なビジネスが展開できるものなんだなと感心する。

続きを読む

http://iijyouhou100.info/sidebusiness

最新記事:アプリでサイドビジネス

テレビでも話題になりましたが、アプリでサイドビジネス。

これは特にipadが発売された当初の頃に注目を浴びましたね。

今までパソコンと無縁だった高年齢者までスクールに通って、アプリを作る授業を受けたりしていました。

アプリは性能とかよりは、内容が楽しいものや人々が興味がある部分を上手く利用し得作成するとダウンロードをされ、収入が発生します。

このビジネスが流行った時に取材を受けた1人の男子学生が未だに忘れられない。

確か、中学生だった彼は、月額を取らず無料のアプリを開発した。

そのアプリの内容が誰しも気になる健康面のものだった。

身長や体重、年齢などを打ちこむBMIを算出し、理想体重と必要摂取エネルギーが一発で分かる優れ物だった。

覚えている限りでは医療部門で一位を獲得したハズだ。

月額料金は発生しなくても、広告費などから月に10万円位収入があったと記憶している。

それを彼は、自分の事には使わず寄付をしていると言うから驚いたのである。

もし、月額100円でも有料のアプリを作成したら、毎月相当な収入があるのだろう。

もちろん、人気があればある程売り上げに繋がるから、内容はお粗末ではいけない。

誰が作成しようと、面白いものは万人に受ける。

そうでないものは、収入が入らないと言うわけです。

一見簡単どうでも、奥が深いアプリ作成だと思いました。

続きを読む

http://philter.info/absorbed/