» 日記のブログ記事

アフィリエイトサイトにも色々なタイプがあります。

物を販売するサイト、資料請求のためのサイト、情報商材紹介のサイト、アドセンスなどのクリック課金タイプのアフィリエイトのためのサイト・・・等々。

それぞれのタイプによって求められる要素は当然変わってきます。

それでは、そんな中で物を販売するアフィリエイトサイトにおいていちばん大切なことって何だと思いますか?

売れる商品を置くこと?

確かにそれも大切ですが、何よりサイトを訪れる人にそのサイトが信用してもらえるかどうか、と言うことがことが大きなウエイトを持ってきます。

あなたのサイトは信用されるサイトですか?

クリックしてもらいたい、商品を購入してほしいという気持ちが強すぎて、空回りしているサイトが結構多く見られます。

例えば、初心者の方によく見られがちなのが売り込みの文章ばかりが多いパターン。

もちろんそれを読んでもらうことで、商品の良さを知ってもらうのですが、あまりに売り込み文章が多すぎるとかえってうさんくさく感じられます。

物事には「限度」というものがありますから。

うさんくさい、と感じたサイトから人は何かを買おうとは思いませんね。

それは商品写真の一枚でも大きく別れるものなのです。

買いたいと思ったものの情報は文字だけではなく、いろいろな角度からの写真も見たいと思うのが消費者の心情です。

大手サイト『Yahooオークション』では、写真添付が3枚に限られています。

しかし、商品説明ページからリンクを貼りその商品の写真などを豊富に載せているような商品は、落札されやすいという結果も出ているのです。

無駄に文字ばかり多くても、写真ばかり多くても相手には伝わりません。

文字と写真のバランスなどにも気をつけてください。

サイトを訪れた人の気持ちになってサイト作りをすることが重要です。

アフィリエイトで稼ごうと思うと、ブログやサイトを作ることに慣れる必要があります。

それほど難しいことではないのです。

慣れてしまえば、思っているよりずっと簡単にできてしまいます。

ただ、そうは言ってもやはり手間はかかります。

文章を書くことも必要ですし、

リンクタグを作ったり、

コピーして貼り付けて・・・

こんな時、その手間を少し楽にしてくれるツールがあるとありがたいですね。

以前に本屋で見かけて、

何だか気になっていた本を買ってしまいました。

「アフィリエイトツール大全」

題名どうり、無料の物からかなり高価な物まで120本以上のアフィリエイトに役立つツールの解説があり、約80本のソフトの体験版が付録のCD-ROMに納められています。

Vector (http://www.vector.co.jp/)や 窓の杜(http://www.forest.impress.co.jp/)などのオンラインソフトダウンロードサイトには、無料でアフィリエイトにも役立つソフトがけっこうあります。

でもなかなか調べるのには手間もかかりますし、
中身のことは使ってみなければほとんどわからない、と言うようなことも多いわけで、
それだけでもこの本はなかなか手に入れる価値があると思います。

その上、有料、それも結構高価なソフトの体験版、無料試用版がすごい数(笑)入っています。

高価なソフトのセールスレターを見て欲しくなっても、

本当に使えるのか、

本当に役に立つのか、

やっぱり不安ですよね。

それなら、まず使ってみてから。

やはり、この本、手に入れる価値ありますね(笑)

この本の前半は、アフィリエイトについての解説。

著者は、変な表現で、失礼な言い方になっているかもしれませんが、かなりちゃんとしたアフィリエイトの知識を持っている方のようです。

これを読んだだけで簡単に稼げる、と断言できるほど現在のアフィリエイトの状況は甘くないとは思いますが、

少なくとも間違った方向には行かないはずです。

それだけでも大事なことなのです。

そして後半はすごい数のアフィリエイトツールの解説。

私も知らなかったツールがいくつもありました。

ツール、ソフトが大好きな私にとって、

うん、とても面白かった(笑)

やはり、この本、手に入れる価値あります。
買ってよかった。

アフィリエイトツール大全 (三才ムック VOL. 252)
三才ブックス
売り上げランキング: 6969
おすすめ度の平均: 4.0

4 高額人気ツールの詰め合わせ